刺激的な毎日と平凡な毎日

ついに念願の全身脱毛しました!

脚や腕・わきの無駄毛が気になり、一番最初に皮膚科も併設されているところでレーザー脱毛をしました。
レーザーが流行りだして間もないころだったので、お値段も結構しました。
あまり続けていける値段ではなかったですね。でも、病院でのレーザー脱毛ということで、結構レーザーの出力が強かったのか、それとも初めてで毛が濃かったからか、照射すると『バチッ』という感じの音と共に軽く痛みが。でも我慢できる痛さでしたよ。
初めてのレーザー脱毛で、かなり無駄毛の量は減りました。

 

しかし、時間がたつとまた結構生えてくるものですね。それに、その時しなかったほかの部位も気になってきました。
特に太ももの後ろ部分やVIOと言われるデリケートゾーンです。
夏といえば薄着になりますし、プールや海にも行ってみたい。でも肌をさらすには、無駄毛の処理がめんどくさい・・・。と思っていたのですが、最近はレーザー脱毛といえどもかなり値段が下がってきましたね。嬉しい限りです。

 

最初は病院併設のところでしたものの、そこはやはりエステサロンと比べるとお値段が高いので、全身脱毛はキャンペーンをやっているエステサロンを選びました。
昔だったら30万円以上していたと記憶していたのですが、私が受けたものは、年6回というもので、昔の値段の約半分くらいで受けれました。
無駄毛はあらかじめ剃っていくのですが、剃り残しはエステサロンの方がやってくれました。
そして全身脱毛・・・VIOもです。
最初は恥ずかしい思いもありましたが相手はプロのエステティシャンです。慣れたもので、ぱぱぱっとやってくれましたよ。
痛さもさほどありません。部位によっては、効果あるのかな?と思える感触です。
レーザーを使用しているので、施術が終わった後に冷やしたジェルで冷ますのですが、夏は暑いからいいのですが、冬場はいくら室内が暖房が利いているとはいえ、ヒヤッと感がものすごく、冷やす時が一番緊張しましたね。

 

2か月に1回ペースで約1年間続けました。
今ではほとんど無駄毛処理してません。
とっても楽になりました。
この楽さ、もう元には戻れません!

 

いろいろと脱毛の種類はあると思いますが、自分に合ったものを調べて是非ともチャレンジしてみてくださいね。
全身脱毛のリサーチにおすすめのサイト→お得な全身脱毛情報まとめました!!【全身脱毛情報ナビ】

部屋の中に無駄な物品を増やさないために

自分もそうなのですが、思う様に片付けが出来ない人の多くは、部屋の中の所有物に対して執着を持ち過ぎており、簡単に処分できる筈のものでも思う様に処分できないまま、どんどん溜め込んでしまっているというパターンに陥っています。「あれも必要、そういえばこれも必要だから」と何時までも処分出来ずにとっておいても、結局一度も使う事の無いまま廃品送りというケースが実に多いのです。
部屋の中の多くの物品にそれは当てはまります。使わなくなった家具やダイエットマシン、滅多に着ない服や古本など、いつか使うチャンスが来る様に思えて実際は一度も役に立たない品は実に多いのです。すっきり片付けたいと一度覚悟を決めたなら、心の中を一度整理して、これら物品を一度リストアップし、当面使う可能性の無いものを選別する様にすると少しスッキリします。必要となる可能性の高い物品については再度容器や棚を用意してきちんと収納し直し、要らないものに関しては踏ん切りを付けて処分してしまうのが吉です。ネットオークションの知識があるのなら、順次オークションに出品する事によってある程度のお金に替える事が出来、勿体ないという気持ちを軽減する事が可能です。
結局、一番無駄を生じさせない方法とは、購入時点でそれが真から必要であるのかを十分検討する落ち着いた考え方を持ち、決して一時の衝動に流されない強い心を持つ事なのです。強迫観念に陥る程悩むのは問題ですが、通販を使って安易に購入してしまうよりも出来る限り店頭に足を運び、自身で納得できるまで何度でも現品をチェックする方が無駄な買い物を防ぐ有効な手段となり得るのです。とりわけ実生活に直接関係の無い趣味の世界では無駄が起きやすく、こうした場面ではこの様な心掛けが極めて重要となります。

 

何か刺激があると楽しいけれど

 

毎日暮らしているとマンネリに陥ってしまって、
今日も昨日と同じように一日のスケジュールをこなしています。
そんなときに一寸した刺激になる出来事があると、
毎日の生活に張が出るようです。

 

でも、楽しい一寸した出来事はいいのですが、
これが逆で、歓迎しないような出来事だとがっくりしてしまいます。
在宅ワークと称して自分のお小遣い程度は稼ぎたいなと思って、
Lancersと言うサイトで、
毎日少しだけ自分の得意な分野の記事を書かせてもらっています。

 

順調に下調べをしなくても書ける時には、
どんどんキーボードを叩く音も軽やかだけれど、
ネットで色々調べてから出ないとどうも腑に落ちない時があります。
そんなときには読み返してみると、文章のつながりが悪くなっていたり、
誤字も多くなっているのです。

 

どんな分野の事でも広く浅くでいいから、基礎的な事柄が身につけられたらいいなと思うのです。一寸した自分の心がけ次第で、生活資金の一助となるわけですから、多少の努力は必要となるのは当然です。

 

楽をして、生活を楽しめたら最高だけれど、
楽の仕方も色々なんだろうと思っています。
楽と聞くと、家の中でだらしない格好でダラダラとテレビを見たり、
一頃流行っていた言葉を借りれば、カウチポテトスタイルを思い浮かべたりするという人たちもいます。

 

だけど、それじゃ一寸つまらないかなっ、て自分は思っているから、
一寸は調べ物をして、その事も楽しめるようになりたいと思っているわけです。

 

先日ある記事の以来があったのだけれど、
どうも書きにくかったのです。
といいますのは、行間を空けないで下さい、という指定があったからです。
文章に行間は絶対必要だなと思っているので、その癖がすぐに出てしまって、
非常に苦労したのです。

 

、、で今考えればそんなに苦労しなくてもよかったと気づきました。
好きなように書いて後から行間を詰めておけば良い、ということなんです。
もっと早く気が付いて置けばよかったの、、後の祭りですが、
これも一寸した生活の一コマです。

 

夏に心がけたいこと

 

すっかり暑い日が続いていて、もう真夏のようですね。
つい先日まで「寒いさむい〜」なんていいながらヒーターをつけていたのに、もうすっかり扇風機の出番です。

 

暑くなってくると気になるのが、やはり熱中症ですね。
ニュースでも連日とりあげられています。
怖いのが、気温だけでなく湿度の高さでも熱中症になるリスクがあがることです。

 

人間は汗をかいたらその蒸発によって体温を下げます。
しかし、湿度が高いと汗が蒸発しないため、体温を下げることができないのだそうです。
気温だけでなく、湿度にも気を付けたいところです。

 

さて、熱中症の対策としてわたしが実践していることを紹介します。

 

まずは、保冷剤の活用です。
ケーキを買ったときとか、保冷剤がついてきますよね。
なんとなく冷凍庫に溜まっていたりしませんか?
あれば、ぜひ活用しちゃいましょう!
薄手のタオルやてぬぐいにくるんで持ち歩くだけで、体温が上昇したときにとっても役立ちます。
汗を拭くように見せて、ひんやり気分を味わうことができちゃいますよ。

 

次に、日傘の使用です。
男性にはあまり浸透していないのが残念ですが、抵抗のない方はぜひ使用してください。
美容のためだけでなく、直射日光があたらないことで体感温度は5度ほど違ってきます!
紫外線を避けることを重視するなら黒っぽい色、涼しさを重視するなら白っぽい色を使うことをおススメします。
これから雨の季節に入るので、晴雨天両用のものがとっても役立ちそうですね。

 

最後に、夏野菜の摂取です。
夏野菜にはたっぷり水分が含まれているほか、体温を下げる効果もあるんですよ〜。
例えば、キュウリ・ナスなどのウリ科の植物。
トマト・トウモロコシなんかもいいですね。
夏は夏野菜が安く出回るので、ぜひ摂取して、体温を下げたいものです。

 

簡単なことでも対策を行って、暑い夏、体調を崩すことなく乗り切りましょう!